鳥肌が立つ、ということ。

ある映画を見て鳥肌が立った。
これは決してネガティブな意味ではない。逆だ。
いいものを見た時に起こったのだ。

その映画は、あまりに圧倒的で、魂に訴えかけるものが、これまで見てきた映画とは比較にならないほど重いものだった。
それはミュージカル映画だったのだが、曲が始まった瞬間、役者が歌い始めた瞬間、
迷いなく魂に真っすぐに言葉が突き刺さってきたのである。
そして、鋭く、私の魂に訴えかけてきたのである。

在宅での療養と健康管理
住み慣れたご自宅での療養を基本として、必要に応じて他の医療機関や介護関連サービス事業者と連携を密接に図り、生活の質の向上を目指した診療を実施いたします。
在宅医療を神奈川県でお探しならここ。
クリニックの休診日、休日及び夜間でも24時間365日診療ができる連携体制を整備。
在宅患者様専用の急変急病ダイヤルにより、24時間緊急連絡等に対して常時対応し得る診療体制で安心。

鳥肌が立った。感動した。心が熱くなった。
こんなにも素晴らしい言葉を、人間は繰り出せるのか、と驚きに満ち溢れた。

私はその時に思った。

その映画は広く世間でも評価されている作品だ。多くの人が「良い」と言っているものだった。
だから「良い」作品だと言い切ることもできないのだろうが、しかし、その「良い」ということに対しての感受性を、私は失っていないのだということが確かめられて、私は嬉しくなった。

私の感受性は、くるっていない。私は自分の感受性に自信を持っていいのだ。

そう、思った。

そして思った。私もこんな風に、人の魂に刺さる言葉を紡ぎたい、心を揺さぶるような作品を作りたい、と。

自分の感受性を信じて、私は作ろうと思う。できるかはわからないが、私はそう思って、パソコンに向き合った。